前へ
次へ

教育は社会にとっても大事なものだ

社会的に不適合になる人は、最初からそうだったわけではありません。
みんなと同じように学校に通い、友人と笑い、困った人を助けたり自分のしたいことに一生懸命になっていたはずです。
それがどこかで道を踏み外し、立ち直れなくなってしまったのが不登校児などですが、彼らは決して教育が間違っていたから生まれた存在ではなく、デリケートすぎたりショックが大きすぎた結果生まれた不幸な存在です。
社会の中で生きる上で、人とのコミュニケーションは絶対に必要なものですから、それができないと大人になることもできません。
学校での教育は単純に受験対策などではなく、社会に出るために必要な知識や経験を学ばせてくれるものです。
ここをおろそかにしては、今後の社会の安定はおぼつかないでしょう。
現代社会は完全に安定することはありませんが、ある程度まともに機能させることは不可能ではありません。
学校だけでなく家庭での教育も不適合者を少なくしたり立ち直らせる助けになっています。

Page Top