前へ
次へ

生活の中での教育の位置づけはどんなものか

日常的に会う人間同士は、意図せずとも相手の意志をくみ取り、そこから会話をはじめているのでコミュニケーションが自然に成り立っています。
初めて会う人だとまず相手のことを知り、出方をうかがうところから始めないといけないのでけっこう気を使うでしょう。
子供が家で会う大人は親であり、親とのコミュニケーションが学校や他の場所における人との付き合い方に関係してきます。
生活の中で子供を教育できるのは親であり、学校で教育するのが先生です。
親の役割は子供がある程度人との付き合いが苦にならない程度にコミュニケーションを教えてあげることです。
知識関係については、子供は自分の興味があることについて自分で調べようとしますし、学校でもさまざまな知識を授けてくれます。
家では子供が人といかにして付き合えるようになるかを親がきちんと見てやり、おかしなところは指摘し良いところは伸ばすように心がけましょう。
子供はいろいろなことを吸収し、どんどん成長していきます。

Page Top